ブログへリンク 注文


                        栽培管理と使用している農薬
時期 栽培管理 病害虫防除
生育過程 重点作業 注意事項 必行防除(予め定められた時期ごとに行う防除で、暦通り行えば被害がほとんど出ないように計画されている) 予防効果 散布量(10アールあたり) 応急防除(病害虫により被害が出た場合にのみ行う防除) 注意事項 ファームうえぐしの作業
1月 ほ場整備 今年の計画等
堆肥まき
ほ場整備
2月 剪定 この時期の乾燥は、発芽不揃いになったり、新植樹は植え痛みするので十分潅水する。
3月 ブリージング 剪定枝除去
主枝の結束
荒皮はぎ
潅水
紋羽病:フロンサイドSC500倍液を潅注する カイガラムシの多発した園では荒皮はぎを徹底する。 剪定、弱ってしまった木の伐採、焼却。

フロンサイドSC500倍は行っておりません
4月上 除草
除草剤は100L程度に溶解して散布する。 @デランフロアブル200倍 晩腐病 100L 亜主枝のくくり直し。
デランフロアブル200倍は行っておりません
4月下 発芽期 ビニール被服 ビニール被服時期は、雪・霜・風を考慮して決める。 AベンレートT水和剤200倍
  石灰硫黄合剤7倍
晩腐病、コナカイガラムシ・
ダニ類
100L 石灰硫黄合剤7倍(アビオンE1000倍=展着剤)のみ散布

ビニール張り
5月中 新梢伸長期 芽かき
潅水
芽かきは主枝3m当たりの最終結果枝目標を30本以上として行う。 Bアプロードフロアブル1000倍
  ピラニカ水和剤2000倍
コナカイガラムシ類
ハダニ類
200L コナカイガラムシ:アプロード1000倍液 芽かき

アプロードフロアブル1000倍・ピラニカ水和剤2000倍散布
5月下 誘引 Cペンコぜブ1000倍
  ロブラール500アクア1000倍
  スプラサイド水和剤1500倍
晩腐病・べと病
灰色カビ病、コナカイガラムシ
300L Cはすべて行っておりません。
6月上 摘心(ねん枝)
花穂の整形
花穂の整形(開花前に房先3.5cmを残し上部の蕾を切除する作業) DフェスティバルM水和剤1000倍
 ゲッター水和剤1500倍
 スタークル顆粒水和剤1000倍
べと病・
灰色カビ病、コナカイガラムシ類
チャノキイロアザミウマ
300L 灰色カビ病、晩腐病:スイッチ水和剤2000倍液 Dはすべて行っておりません。
6月上 開花期 花カス除去 トルキャップα1000倍 300L
6月中 開花期 第1回ホルモン処理 満開〜満開4日後までに行う ジベレリン25ppm液 無核処理 ジベレリン液をコップに満たし、一房ずつ浸透していく作業
粒間引き Eカンタスドライフロアブル1500倍
  スカウトフロアブル2000倍
灰色カビ病、
チャノキイロアザミウマハマキムシ類
300L 灰色カビ病:ゲッター1500倍液 スプラサイド水和剤1500倍のみ散布(木を中心に)
6月下 第2回ホルモン処理 第1回処理より10〜14日後 ジベレリン25ppm液又はフルメット5ppm液 粒の肥大効果 1回目同様、液をコップに満たし、一房ずつ浸透していく作業
7月上 房作り 雨の多い時は停滞水の排除に努める。晩腐病対策のため房作り終了次第袋かけを行う。 Fアミスター10フロアブル1000倍
  バリアード顆粒水和剤4000倍
晩腐病・べと病
チャノキイロアザミウマハマキムシ類
300L さび病:バシタック1000倍液
7月中 袋掛け
7月中 袋掛け後 排水
除草
Gストロビードライフロアブル2000倍
  コテツフロアブル2000倍
べと病、晩腐病、うどん粉病
チャノキイロアザミウマ・カンザワハダニ
300L ハマキムシ:オルトラン2000倍液
7月下 果粒軟化期・
着色始め

ビニール除去
Hマネージドライフロアブル4000倍
  スミチオン水和剤40 1000倍
さび病
ブドウトラカミキリ
400L べと病:ランマン2000倍液
8月中 潅水
暴風対策
潅水は雨の状態を見て随時行う。 IICボルドー66D 50倍液 べと病、さび病 400L ダニ類:コロマイト2000倍液 スミチオンの散布は収穫21日前までに限る。
9月上 収穫期 礼肥施用 JICボルドー66D 50倍液 べと病、さび病 400L
9月中 成熟期 収穫
10月 土作り Kビスダイセン水和剤1000倍
  スプラサイド水和剤1500倍
晩腐病
カイガラムシ類
200L ラビキラーの散布は収穫後に限る。


   
★ファーム うえぐしでは上記表ある農薬防除暦通りには行っておりません。
     上記暦を目安として必要な時期に必要最小限の農薬を使用しています。
     農薬は名前は異なってもぶどう栽培に適した物を使用しております。